創業14年12万人が通う、漢方薬剤師監修のよもぎ蒸し女性専用サロン 楽座や

  • HOME
  • ゲルマニウム温浴

ゲルマニウム温浴とは

老廃物を汗と共に
体外に運び出します
有機ゲルマニウム粉末を溶かした42~43度のお湯に「手」と「足」を浸す温浴法。1回のゲルマニウム温浴で有酸素運動の約2時間分(600kcal)のカロリーを消費、体脂肪は平均3%減といわれています。 末梢神経の約70%が集中している「手」と「足」を20分間浸すことによりゲルマニウムが全身を巡り、短時間で発汗、新陳代謝が活発になることで体内で余分な脂肪や有害な毒素や身体に溜まった老廃物を汗と共に体外に運び出します。普段汗をかきづらい方でも、新陳代謝がよくなることにより多量の発汗をうながします。

体内の「酸素」を増加させる性質を持つゲルマニウムは、体内の酸素を豊富にすることで血行促進・発汗・冷え性・肩こりの改善・老廃物を排泄(デトックス)効果が期待できます。
新陳代謝を活性化させ自然治癒力を高めることにより体の各器官に活発に働きかけ、機能も正常になると共に美容にも優れた効果が期待できます。

そもそもゲルマニウムとは?

ゲルマニウムとは?

ゲルマニウムは元素記号Ge、原子番号32の金属元素。1886年にドイツの化学者ウィンクラーに発見された金属よりも柔らかくて壊れやすい性質の亜金属です。

1967年には、石炭からゲルマニウムを摂取する研究をしていた工学博士 浅井一彦氏が世界初となる水溶性有機ゲルマニウムの合成に成功。さらに博士らの調査により、サルノコシカケ類や朝鮮人参、ハトムギの種子、クコの実、アロエの葉など…昔から漢方薬として重宝されている植物にゲルマニウムが含まれていることがわかったそうです。

ルルドの泉とゲルマニウムの関係
健康・安産・子宝・浄化などの癒しパワーに溢れた世界有数の巡礼地。

世界中から年間300万人もの人々が訪れる南フランスの「ルルドの泉」は、健康・安産・子宝・浄化などの癒しパワーに溢れた世界有数の巡礼地。どんな難病も治癒することができると伝えられ「奇跡の泉」とも呼ばれています。何人もの科学者が成分を分析していますが、有機ゲルマニウムを開発した浅井博士もその一人。奥様が渡仏しルルドで持ち帰った泉の水の分析したところ、ルルドの泉にはゲルマニウムが大量に含まれていることがわかったそうです。

日本国内でも不思議な効能があるといわれる青森の「山吹のお水」、富山の「穴の谷の霊水」など各地の霊水といわれる水にもゲルマニウムが含有されているそうです。
全身浴より手足浴の理由
心臓がポンプとなって全身に血液を循環させているため、心臓から遠くなるほど血液の循環が悪くなります。心臓から一番遠いところにある手足を温めることで、全身の血行がよくなり新陳代謝が促進されます。また、全身浴は長時間入っていられないので、体の表面だけ温かく芯から温まらないことも。

20分がベストタイムな理由

血液は1分間で全身を一巡するので、20分間の手足浴だと血液が20回全身を巡り、芯から温まるんだとか。10~15分で汗をかいて、それから脂肪が落ちてくるといわれているので、20分以下だとあまり体脂肪が下がらないとのこと。逆に20分以上は、体がのぼせて疲れてしまうため、20分は体に負担をかけずに、効率的に痩せるベストタイムなんだそう。

足と手の経絡を温めると?

心臓がポンプとなって全身に血液を循環させているため、心臓から遠くなるほど血液の循環が悪くなります。心臓から一番遠いところにある手足を温めることで、全身の血行がよくなり新陳代謝が促進されます。また、全身浴は長時間入っていられないので、体の表面だけ温かく芯から温まらないことも。

汗の出始めと汗の量

20分のゲルマニウム温浴では、汗をかきづらい方でも5~10分浸したところでじわじわ汗が出始め、15分経過した頃から汗がどんどん出てきます。ほとんどの方が初めてのゲルマニウム温浴の汗の量にビックリされますが、ごくごく稀に汗をかかれない方もいらっしゃいます。気温や体調にもよりますが、思ったように汗をかけなかったという方も、回数を重ねるごとに汗の出始めの時間が短縮されてきたり、ご自宅のお風呂タイムでも汗をかきやすくなったりと、ご自身でわかる変化も。
衰えた汗腺を鍛えると、臭いの少ないサラサラの汗をかけるようになります。ご自宅でもシャワーではなく湯船に浸かるようにして、日頃から汗をかく習慣を持ち、スムーズに汗を排出することができる汗腺に鍛えていきましょう。

楽座やのお水へのこだわり 水道水は一切使用
しておりません

JIS規格13項目を全てクリアした、
安心安全の浄化活性水使用

楽座やでは、ゲルマ温浴やよもぎ蒸しの薬草を煎じるお水を浄水器に通し、塩素や有害物質(トリハロメタン・鉛など)を除去。 JIS規格13項目をすべてクリアしたお水を使用してます。

よもぎ蒸しでは、漢方を煎じた蒸気を膣口と肛門にあてて吸収させるため、楽座やでは体内に吸収されても安心安全なお水にこだわり、水道水は一切使用しておりません。

有機ゲルマニウムの動き

私たちの体には酸素は欠かすことはできません。人間は摂取した食物を体内で燃焼させてエネルギーを発生させます。そのときに水素と炭酸ガスが燃えカスとして出されます。通常「水素イオン」は酸素イオンと結合して汗や尿になり体外に排出されるのですが、有機ゲルマニウムが「酸素イオン」の代わりに「水素イオン」と結合するので「酸素イオン」が消費されなくなり、体内酸素が増加することになり、細胞に酸素が豊富に供給されるという仕組みです。

長年にわたる大学病院等による試験・研究の結果、体内酸素を大量に増やし、インターフェロンを誘発する働きがあることも立証されています。有機化されたゲルマニウムはプラスとマイナスの両性イオン性質を持った半導体です。人間の体も半導体なので、ゲルマニウムとは共存できず、20~30時間以内に体外に出て行ってしまいます。その時、体に有害なものをいっしょに連れ出してくれるのです。

ゲルマニウム温浴で
期待できる効果

  • ダイエット効果
  • 腰痛
  • 肌荒れやくすみの改善
  • 便秘
  • 生理痛の緩和
  • 疲労回復
  • 二日酔い
  • 汗腺トレーニング
  • 冷え性
  • 肩こり

ゲルマニウム温浴で脂肪が燃える
ゲルマニウム温浴の魅力は、ズバリ、
体脂肪率が減ること。

————本文より抜粋
1回20分の温浴で3%減ることも珍しくありません。体が芯から温まり、驚くほどの大量の汗が出て、体内の老廃物が排出され、酸素が送り込まれて、体脂肪が燃えてくれるのです。しかも、冷え性や肩こりも改善されるなど、うれしいおまけもイッパイ!
ゲルマニウム温浴で脂肪が燃える
————本文より抜粋
著書:ゲルマニウム温浴で「体脂肪」燃え!ダイエット
著者:山崎伸治

お湯に手足を浸し温めるだけでも、様々な改善に繋がります。さらに、そのお湯に有機ゲルマニウムを溶かし入れることで、皮膚呼吸によるゲルマニウムの吸収が高まり、体内にゲルマニウムが入りやすくなります。体内に入ったゲルマニウムは、老廃物や有害な毒素などを排出、代わりに酸素を補給するという働きをもたらしてくれます。酸素を取り入れると、細胞の新陳代謝が活発になり、血行がよくなって、脂肪燃焼効果も高くなるんだそう。有酸素運動がダイエットによいとされているのは、その理由。酸素は血中の乳酸も分解してくれるので、疲労回復、新陳代謝効果でお肌もスベスベ。

ゲルマニウム温浴の入り方

上下の下着、アクセサリー類を全て外して、ゲルマ温浴用のワンピースに着替えていただきます。(ワンピースはワンサイズですが、ゆったりとした伸縮素材を使用しております。)
温タオルで軽く手足を拭いていただき42~43度のゲルマニウム温水に浸します。そのまま、リラックスしながら20分。個人差がありますが、5~10分浸したところでじわじわ汗が出始め、残り5分で汗がどんどん出てきます。額、背中、お腹、脚、おしりなど。普段汗をかきづらい方でも流れる汗を体感していただけます。
  • ゲルマニウム温浴の入り方
    下着やアクセサリー類を全て外して、ゲルマ温浴用のワンピースに着替えていただきます。
  • ゲルマニウム温浴の入り方
    温タオルで軽く手と足を拭いていただき、42~43度のゲルマニウム温水に浸します。

Q&A

  • 汗をあまりかかないのですが、気持ちよく汗をかけるようになりますか?
    汗のかき始める時間には個人差があります。あまり代謝の良くない方、汗をかき慣れていない方は、ゲルマ温浴器に手足を入れ15分くらい経った頃から汗をかき始めます。回数を重ねる毎に汗のかき始めも早くなり、じっとりとした汗からサラサラの質のよい汗に。汗腺を鍛えていくことで、汗をかきやすい体質になります。
  • どのくらいのペースで利用すればよいですか?
    目的にもよりますが、週1〜3回、定期的に継続されることをオススメしています。
    効果のあらわれ方、感じ方には個人差がありますが、目安として、当店をご利用いただいているお客様を参考に紹介させていただきます。

    【汗をかきやすい体質に】
    最初は週1〜3回ある程度集中して通われた方が効果を感じやすいようです。 

    【肩こり解消に】
    週に1~2回なるべく継続していただくことが効果的かと思います。

    【その日の疲れたカラダの回復に】
    長時間の立ち仕事や、たくさん歩いたあとの足の疲れやむくみには1回でも効果を感じられます。次の日に疲れが残りにくく、寝つきや目覚めも良くなります。

    ☆ご自身のお悩みや体質に合った無理のないペースを見つけてくださいませ。
  • ゲルマニウム温浴とよもぎ蒸しの違いはなんですか?
    「ゲルマニウム温浴」は、有機ゲルマニウムの特性を活かし手と足を温めることで短時間でたくさん汗をかく発汗温浴法です。20分の温浴で有酸素運動2時間分(600kcal)を消費し体脂肪は3%減といわれています。肩こり、ダイエット効果、ストレス解消、汗腺トレーニング、疲労回復などをサポート。

    「よもぎ蒸し」は、よもぎと和漢ハーブを含んだスチームで下半身を中心に温める蒸気浴です。生理痛の緩和、婦人科系のお悩み、冷えによる肌トラブル・浮腫み・便秘などに良いとされています。また、子宮力を高めることで妊娠しやすいカラダづくりを目指します。

    「外から温めるゲルマ温浴」と「内側から温めるよもぎ蒸し」セットでWの効果
    ゲルマ温浴で大量にかくことで、毛穴に詰まった古い角質や汚れ、老廃物や毒素の排出を促します。お肌がやわらかくなり、毛穴が開いた状態のあとに「よもぎ蒸し」をおこなうことで、漢方が持つ薬効成分の吸収がより高まります。

    変化が実感しやすい楽座や人気No.1のコース“外から温めるゲルマニウム温浴と、内側から温めるよもぎ蒸し”セットでのWの効果を体感してください。